地獄における人の自己欺瞞




 あたしは悪魔を飼っている。

 凶悪な悪神だとも、堕ちた天使だともいう。
 冥府の魔神の一柱で、四十の悪霊の軍団を率いる大公爵。
 自らそう名乗っていたわけで、そもそも悪魔というものは“嘘つき”だとも言うから、どこまで信用するべきか判らない。



 魔神といっても、魔法のランプからでてくるほどの巨体ではなかった。せいぜい、鴨居に頭をぶつける程度。
 凶悪というわりに間が抜けている。
 あくまで自己申請なわけだから、そこは割り引いて考えるのが当然だろうか。
 ジャイアント馬場は頭を鴨居にぶつけて“脳天唐竹割り”を思いついたとかいうが、魔神は馬場ほどに大きくもない。
 あたしより、せいぜい頭ひとつ分くらい大きいくらいだ。

 そもそも悪魔というのは、キリスト教だろう。
 神に反逆する存在で、ホラー映画でも悪魔は教会。もしくは古い立派な洋館か城に登場するのがセオリーだ。
 うちは古い日本家屋だから、そこから大きく外れている。
 祖父は戦前からあるこの家を勝手に“桜邸”と名付けていたくお気に入りだった。その祖父が亡くなった後、手入れする者もおらず荒れ放題となり、今では親戚連中から“後家屋敷”と呼ばれている。

 後家屋敷。
 非常に不名誉な呼び名だが、この古いばかりの家には、今のところあたしと母の二人しか住んでいない。
 無意味に敷地が広いせいで、庭木や池の手入れは骨が折れる。
 桜の老木は、春になると毛虫が大量発生するし、築土塀の破れも放ったらかしのまま。
 固定資産税も馬鹿にはならない。

 婿養子であった父は、女遊びがきっかけでこの家から追い出された。
 去年までは、正真正銘の後家である祖母と母と三人きりの気楽な女所帯だったが、祖母も去年の秋に亡くなった。
 ハイキング中に変なキノコを食べたのだ。
 同行していた老人会のメンバーたちから聞いたところ、笑いながら谷から落ちたのだという。
 どうやら食べたのは、ワライタケだったらしい。
 そういえば、祖父が亡くなったのも生茹でのタニシの食べ過ぎだった。
 考えてみれば夫婦そろってゲテモノ好きだったのだろうか。

 そんな変わり者が多いせいもあって、孫のあたしも親戚たちからは“行かず後家”とあだ名されている。
 後家と言われるほどの年齢でもないはずだが、年寄り連中に言わせると四捨五入すれば三十になるという。
 他人の年齢を勝手に四捨五入してもらいたくないものだが、今はそんなことはどうでもいい。

 とりあえずの問題は悪魔だ。
 この家で鬼や妖怪。あるいは(出てはほしくないが)幽霊でも出たなら、まだ納得できる。
 なぜ、西洋の悪魔なのだろう。まったく脈絡がない。
 うちは仏教徒だから、悪魔とは無縁だ。
 唐木の仏壇には、ちょうど盂蘭盆の時期で桔梗、萩、ほおずき。きゅうりとなすでつくった牛馬がある。
 これは精霊馬といって、きゅうりとナスで折った割り箸などを足と見立てて作る馬と牛だ。
 きゅうりは足の速い馬で、あの世から早く家に戻ってくるように。ナスは歩みの遅い牛だから、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように……などと意味があるらしい。お線香のCMでそんなことを言っていた。
 今年は新盆だから、牡丹燈篭も飾っている。
 何事も新しいモノ好きな母は、その手のことにはまったく頓着しないので、あたしが一人でこういった行事ごとをするのだ。
 亡くなった祖母がお盆には、地獄の釜の蓋が開くと言っていたのを思い出す。

 旧約聖書に登場するソロモン王は、エルサレムで神殿を建立するために、神より悪魔や天使を使役するための指輪を神より授かったというが、当然ながら仏教徒には無縁の話だ。
 オカルトには、ちょっとだけ興味がある……が、だからといって悪魔召還のための魔方陣を描いたり、サバトを催したりするわけがない。
 興味があるのは、あくまでファンタジーとしてだけだ。ホラー映画や漫画に限る。
 そうなるとなぜ、悪魔がわが家に唐突に現れたのか。今の結果があるのは、その前に原因があるはずだ。
 残念ながら、それがまったく判らない。
 こんなことが、現実にあるのだろうか。
 この家に悪魔がいることを、誰も知らない。
 母も、一周忌の法要にきた客も僧侶も誰も、その存在にさえ気づかないのだ。
 夢と現実の区別がつかなくなっているのは、あたしだけなのか。
 もしかしたら、あたしは憑りつかれているのかもしれない。
 悪魔……などというファンタスティックな存在などではなく、狸か狐の類か。
 お祓いをしてもらったほうがいいのかもしれないが、面倒なので行きそびれていているうちに、時間ばかりが虚しく過ぎていく。
 キリスト教やユダヤ教に、縁もゆかりもないこの家に、悪魔はいつの間にかいついてしまった。
 さて、どうしようかな……。







 月が蒼い。
 爪でひっかいたような細い月が、濃い紺色の空にかかっている。
 掛け樋から手水鉢へ流れ落ちる涼しげな水の音が耳に心地よい。
 庭木や敷石に打ち水をしたせいか、冷ややかな風が通っていく。
 結桶に氷水を注ぎ、そこへ缶ビールを何本か放り込んでおいた。こうしておけば冷蔵庫に入れるより、早く冷える。これぞ、お祖母ちゃんの知恵袋。
 夜風に当たって、縁側に座り込む。
 足元に置いた蚊やりの豚から蚊取り線香の細い煙があがっているせいか、植木や池があるわりに蚊は少ない。
 柱にもたれかかり団扇であおいでいると背後から、ひやりとしたものを胸元に差し入れられて飛び上がりそうになった。
 氷でも入れられたのかと思ったが、そうではない。
 冷たいものは、あたしの胸をわしづかみにしている。
 ほっそりとした指の先に真珠色の長い爪が、ほの暗い中でもはっきりと見えた。
 繊細な手はタンクトップの下にもぐりこみ、抵抗する間もなく下着をつけていない胸の先をつまみあげる。
 いきなりの痴漢行為に、悲鳴をあげるより怒りが先にたった。

「何やってんのよっ!!」
 タンクトップの胸元に突っ込まれた手を引き剥がそうとするが、相手の力のほうが強い。
 こちらがやっきになってもがけばもがくほど、その手はまるで面白がっているかのように、敏感な先端を指で転がす。
「ふにゃっ!」
 思わず情けない声がもれた。
 後ろから耳に息を吹き込まれたからだ。じつは、あたしは耳が弱い。
 しかし、すぐに平静を取り戻す。
 こんなことは日常茶飯事だ。
「放せっ、このっ!」
「どうした。血圧が上がっているぞ。身体に悪い」
 背後から低い声がした。
 あたしのほかに人気がなくなり、暗くしていると現れる座敷童のような存在。
 ちょっと間の抜けた悪魔。
 やつが地上に出てくるのは、夕方以降のことだ。明るい日差しが苦手らしい。
 だから……というわけではないが、できるだけ明かりをつけないようにしている。
 別に日に当たったからといって灰になったりはしない。そこは吸血鬼と悪魔の違いであろうか。

「誰のせいだと思ってんのよっ!」
「そなたの語尾は必ず“っ!”がつくな。少しは落ち着いて話せ」
 冷静でのんびりとした相手の口ぶりに、ますます腹が立ってきた。
 こちらの感情など毛ほども気にする様子もなく、やつはあたしの胸をねちっこく緩急をつけて揉んでいる。
 触りかたが妙にいやらしい。まるで助平オヤジだ。
 悪魔は悪魔でもこいつは、淫魔のたぐいではないのか。
 だが、淫魔というのは寝ている時に出てくるというではないか。
 こいつは寝ている人間を起こして遊ぶから、たちが悪い。

「ぅだぁぁあぁっ!!」
 我ながら奇天烈な声を発した。ご近所から「あの後家屋敷の……」などと、よからぬ噂がたつのだろうな……と頭の片隅で冷静なことを考えている。
 それもほんの一瞬のことで、またすぐに怒りで頭に血が昇った。
 身体をそらせてなんとか、その手から逃れようとするが、どこまでも追いかけてくる。ウザい。本気でウザい。
 涼やかな気分は一転して、脳内はカッカとして煮えくり返っていた。今にも血管が切れそうだ。
「興奮するな。触られるのが気に入らぬなら、わしの胸も触るがよい」
 そう言いながら、あたしの正面に回ってきたのは背の高い女だった。

inserted by FC2 system